ロードオブザリング サウロンの目
映画「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 」ネタバレあらすじとラストまでの結末・動画やみんなの感想を掲載。起承転結でわかりやすく徹底解説しています。ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 のストーリーの結末・感想や感想を含んでいるので、観ていない方はご注意ください。 えーっ、タイトルがきわめて下品であることを心よりおわびいたします(そして『ヴァギナ・モノローグズ』をどうぞよろしくお願いします)。, 『指輪物語』は、英文学者は読んどかないといけない本のひとつであるはず…なのだが、私は高校生の時、図書館でこのハードカバー版(鈍器として使用できそうな大きさの本全三巻)を借りて紙袋に入れて持って歩いていたら紙袋が教室で裂けてひどい目にあったことがあるので、それ以来読む気がおきなくて読んでいなかった。, …で、そのうち映画で見ようとは思っていたのだが、学部生の頃、アメリカ映画の授業で先生が「『ロード・オブ・ザ・リング』はすごくホモエロティックな話で、冥王の目はヴァギナにそっくりです」と発言していたのを聞いて以来、あまり見る気がなくなっていたのだが、今回意を決して三本全部見た。, そしたらまあ予想をはるかに超えるホモエロティック話でびっくりした。とりあえず、第一作冒頭で、ホビット庄でビルボ(主人公フロドの養父)とガンダルフ(←イアン・マッケラン。はまり役)が草むらに腰を下ろしてタバコをすうところでまず驚愕した。ビルボが煙を輪っかにしてはいたところ、ガンダルフが自分のはいた煙を船型にして(魔法使いだからタバコの煙細工ができるらしい)その輪っかの中を通すのだが、冒頭からあまりにもビルボとガンダルフがべたべたしているのでこれは一種の性行為の暗喩としか思えない…, で、隠居したビルボにヤバい指輪を譲られたフロドは奉公人のサム、ホビット庄のいたずら者であるメリーとピピン、ガンダルフ、人間で王の末裔であるアラゴルン(ヴィゴ・モーテンセン)、人間で執政官の息子であるボロミア(ショーン・ビーン)、エルフのレゴラス(オーランド・ブルーム)、ドワーフのギムリと指輪を破壊するため旅に出るわけだが、なんかこいつらどいつもこいつもえらいホモソーシャル野郎どもである。まあ、作者のトールキンがすごい学者でもあっただけあってここは神話とか民話をすごくよく下敷きにしてそれぞれのキャラを作っている一方、監督のピーター・ジャクソンが映画オタクなもんで映画好きに受けるような味付けもある。お笑い担当のメリーとピピンは『隠し砦の三悪人』の太平と又七(つまりは『スター・ウォーズ』のR2-D2とC-3PO)なのだが、それにしてはやたらベタベタしている。ガンダルフは主人公を助ける何でも知ってる賢いじいさんで、アラゴルンはかっこいい武人(←日本の時代劇なら昔は三船敏郎、今なら阿部寛がやるような役)である。ギムリはおもしろくて無鉄砲な豪傑(←日本の時代劇ならもれなく来島又兵衛である)、レゴラスは優男で飛び道具を使う武人で、この二人は最初は仲悪かったのだがだんだん親友になり、戦場で何人倒したか競い合うとかいうまあなんか…な競争をしている。それから高潔だが心配と不安ゆえに裏切り者となってしまう、人間のボロミアがいる(「怖れがダークサイドに通じるのじゃ」…これは違う映画だな)。つまりは魔法の旅ご一行さまにふさわしい描き分けがされていると言える。, …のはいいのだが、このまま『隠し砦の三悪人』モードに突入するのはこのご一行が守るお姫様が足りない、っていうことで、こいつらはお姫様のかわりに、この中で唯一輪っか(指輪)を持っている(=「女の属性」を賦与されている)フロドを守っている。で、悪い奴らがこのフロドを狙うわけだが、指輪をめぐる闘争はまるでお姫様の貞操を狙っている悪党との戦いみたいな感じである。途中、フロドはアングマールの魔王に剣で刺し殺されかけるし、善良はなずのボロミアが故郷を心配するあまり指輪の魔力の魅入られてフロドを襲うのだが、この場面はデカいボロミアがちっちゃいフロドにのしかかって押し倒すというまるで強姦未遂のような表現になっている。はたまた最後のほうでフロドはオークにつかまって半裸で縛られたまんま塔に監禁されるのだが、これはおそらく『アラビアのロレンス』でピーター・オトゥールが半裸で拷問される場面を参考にしているんじゃないのかな…『アラビアのロレンス』もえらく同性愛的な映画で、ピーター・オトゥール演じるロレンスが明らかに「お姫様」キャラなのだが、イライジャ・ウッドもピーター・オトゥールと同じで眼がすごく青くて容姿がちょっと変わっているし、狙ったキャスティングなのではなかろうか…(ちなみに『ロード・オブ・ザ・リング』は結構『アラビアのロレンス』に影響を受けていると思った。ギムリのキャラとかアウダ・アブ・タイに似てると思うし、絶対助けてくれなさそうな種族に援軍を頼むとことかも似てる)。, で、お姫様化しているフロドに純粋な愛を注いでいるのが奉公人のサムなのだが、このサムとフロドのベタベタぶりは全くすんごいホモソーシャルである。旅の途中で指輪に魅入られたゴラムがくっついてきてフロドに取り入り始めると、サムとゴラムが痴話ゲンカみたいな争いを始めて、泥沼の三角関係の様相を呈する。で、結局はお姫様化したフロドとそれを純愛で守るサムが勝利するわけだが、この二人が頑張ったおかげで冥王サウロンの邪悪な火の目は破滅…するのはいいんだけど、この火の目のデザインがまあ授業で先生の言ったとおり、どう見てもヴァギナにそっくりである。指輪(何回も言うけど、輪っかである)は破壊され、サウロンの眼も雲散霧消しておしまい…ということで、このラストだけ見るとまあ男たちの愛が女属性に打ち勝ったということで、えらいミソジニー的な話である。, ちなみにこの映画はミソジニーはミソジニーでもちょっと一ひねりしてあって、いわゆるあからさまにお色気のある女の悪役(「妖婦」的な魔女)というのは出てこない。この映画に出てくる主な女性はまあ5人しかおらず、そのうち1名は年取ったお化け蜘蛛(メスのお化け蜘蛛とかありがちだよな)、もう1人はとってつけたように出てきて最後サムと結婚するホビットのロージー(←平和が訪れるとホモソーシャルは崩壊するらしい)なのだが、比較的重要と思われるあと3人はエルフの魔女ガラドリエル、エルフのアルウェン、人間で「武勇の乙女」であるエオウィンで、3人とも容姿は悪くないのだがさっぱり色気がなく、どちらかというと中性的である。ガラドリエルはケイト・ブランシェットで、最初ちょっと怖いが良い魔女だったとわかるという展開で、どうやら誰かと結婚しているらしいのだがダンナの影は超薄い。アルウェンはリブ・タイラーなのだが、リブ・タイラーって綺麗だけどあまり表情がなくて色気がない。エオウィンはミランダ・オットーで、めちゃめちゃ勇敢なマーシャル・メイド(その上恋を失うというおまけつき)である。この3人は善意の人々なのだが、揃いも揃っていわゆる「女らしい」お色気がなくて、セクシュアリティから切り離されて描かれている。火の目がやたらヴァギナっぽかったことや、指輪が輪っかでセクシュアリティに容易に結びつけることができることを考えると、どうやらこの映画はミソジニー的というよりもセックス嫌悪的といったほうが適切な映画なのかも…, ちなみに監督のピーター・ジャクソンは、この前に撮ったのはレズビアン映画『乙女の祈り』で、この後に撮った『キング・コング』は(見てないけど)怪獣が美女に恋する話だし、どうも男女間の細やかな情愛とかそういうものを撮るにはあまり興味がないんじゃないかという気がする。この映画でも男女の恋愛の描写は男男間の情愛の描写に比べてかなりおざなりだと思う。, まあ、映画の出来自体はハンパじゃなく良いし、マッケランをはじめとして役者さんはみんなすごく頑張っているし、映画オタクの心をくすぐる小ネタがいっぱいあると思うし、見ていて面白いことは間違いない。私は怪獣映画とか詳しくないのでよくわかないのだが、フロドがヤマタノオロチみたいなのに襲われるとことか、きっと何か原典になった映画があるんだよな…?グリマがセオドレドの遺骸の前でエオウィンに求愛するところはシェイクスピアの『リチャード三世』を下敷きにしていると思うので、これはリチャード役が当たり役であるマッケランが出ていることへのちょっとしたお遊びなのかもしれない。それからミナス・ティリスの建築デザインはラピュタを下敷きにしてるよな…(どちらもモン・サン・ミシェルを参考にしていることは間違いないと思うけど)?, 『ブロークバック・マウンテン』と『ロード・オブ・ザ・リング』のパロディCM。『ロード・オブ・ザ・リング』、実は本当に結構こういう話…です。, シェイクスピア研究者であるさえぼーのブログです。主な内容は映画評・劇評・学会レポートです。 'The Lord of the Rings and Vertical Limits Film Concessions and the Conservation Act 1987', 4, en:Production design of The Lord of the Rings film series, en:Principal photography of The Lord of the Rings film series, en:Music of The Lord of the Rings film series, en:Special effects of The Lord of the Rings film series, http://uk.movies.ign.com/articles/667/667848p1.html, “'Lord' rings true / Tolkien's epic fantasy springs to wondrous life onscreen”, http://www.sfgate.com/movies/article/Lord-rings-true-Tolkien-s-epic-fantasy-2837728.php, The Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring, The Lord of the Rings: The Return of the King, “Sean Connery turned down megabucks role in ‘Lord Of The Rings’”, https://www.nme.com/news/film/sean-connery-turned-down-megabucks-role-in-lord-of-877373, http://www.theonering.net/perl/newsview/1/923891184, Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring cast, The Lord of the Rings: The Two Towers cast, The Lord of the Rings: The Return of the King cast, https://web.archive.org/web/20110831202427/http://uk.movies.ign.com/articles/034/034262p1.html, Lord of the Rings News | LoTR movie internet trailer preview, MovieWeb.com's News for 23 September 2003, last retrieved on 5 August 2006, The Lord of the Rings: The Return of the King (Special Extended Edition). 76位 トーリン2世 -ロードオブザリング強さランキング- はなれ山(エレボール)の王であったスロールの息子であるスライン二世の息子。 ビルボと共に旅だった13人のドワーフのリーダーで、ホビットではビルボと並ぶ主人公格のキャラクター。 『ロード・オブ・ザ・リング』といえば、世界中で愛されたj・r・r・トールキンの長編ファンタジー小説『指輪物語』を映像化し、名だたる映画賞を総なめにした不朽の名作映画です。多種多様な登場人物と、綿密に練られた精巧な世界設定が特徴です。 ロードオブザリング解説 「一つの指輪」 一つの指輪は物語で最も重要なキーワード。 この指輪は はるか昔冥王サウロンが作り出したサウロン以外の何者にも従わない邪悪な指輪。 しかしなぜこの指輪が世界を闇に変えてしまうほどの物なのか。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); こうしてサウロンは再び中つ国から姿を消したが、イシルドゥアが一つの指輪に魅了されて、これを無に帰することを拒否したため、指輪に込められたサウロンの力は生き続けた。, そして一つの指輪が破壊されなかったため、サウロンは蘇り、第三紀1100年頃にドル・グルドゥアの死人占い師として再び形をとった。その存在によって影の落ちた緑森大森林は闇の森へと変貌した。, そこからサウロンはナズグールを使って、復活のための準備を開始する。1300年には魔王を北方エリアドールに派遣してアングマールを建国させ、1975年にアルノールを滅ぼした。, さらに魔王とナズグールは2002年にミナス・イシルを陥落させてミナス・モルグルに作り変え、その地にあったパランティーアの一つを奪取。, そして2050年には魔王に挑発されたエアルヌアが帰らぬ人となりゴンドールの王統が途絶えた。こうしてサウロンおよびその配下の力によってドゥーネダインは弱体化した。, 2063年にガンダルフがドル・グルドゥアに潜入すると、サウロンは東方へ逃れてしばらく警戒的平和が訪れたが、2460年には力を増してドル・グルドゥアへ帰還し、以降西方諸国への攻勢を強めた。, 2850年にふたたびドル・グルドゥアに潜入したガンダルフによって、死人占い師の正体がサウロンであることが白の会議に確認された。, この頃よりサウロンは力の指輪の収集と、一つの指輪の捜索を開始しており、イシルドゥアが一つの指輪を失ったあやめ野付近の捜索も行っていることが2939年に明らかとなる。, 2941年にドル・グルドゥアは白の会議によって攻撃され、サウロンは逃走した。だがそれは見せかけで、既に彼はナズグールを使ってモルドール帰還の準備を果たしていた。, 2942年に密かにモルドールに帰還したサウロンは、2951年に公然と名乗りを上げるとバラド=ドゥーアの再建を開始した。, サウロンの二度目の勃興によって、オークは山中で数を増やし、トロルは武装して悪賢くなった。東方では東夷の諸族が、南方ではハラドリムの諸侯が再びサウロンに臣従を誓った。, こうして昔日彼に仕えていた邪悪なものたちが再びモルドールの名の下に集結するようになり、中つ国には再び影が広がっていった。, 3000年には、オルサンクのパランティーアを使用したサルマンを、手中におさめていたイシルのパランティーアによって捕捉、配下に加える。サルマンは内心ではサウロンをも出し抜くつもりであったが、サウロンは次第にサルマンを精神的に圧倒し、その真意にも薄々感づいていた。, 大いなる年、サウロンはオスギリアスと森の王国を同時攻撃し、その混乱に紛れてナズグールを一つの指輪追跡のため送り出した。これが指輪戦争の始まりと見なされている。, サウロンは直ちにナズグールを復活させると彼らに翼を与え、アンドゥインの監視に差し向ける。同時にアイゼンガルドと協働して一帯にオークを派遣し、裂け谷を出ていずれアンドゥインに差し掛かるはずの指輪の仲間を待ち伏せた。, だがナズグールはレゴラスに射落とされてしまい、配下のオークはアイゼンガルドの裏切りとローハンの乗手の襲撃によって報せを届けることなく全滅してしまった。, サルマンが何事かを知っているに違いないと睨んでいたサウロンは、別のナズグールをアイゼンガルドに差し向けていたが、パランティーアを通じて姿を見せたのは「ホビット」のペレグリン・トゥックであった。, そこでサウロンは裏切り者のサルマンがホビットを横取りしたものと一度は考える。ところが次にオルサンクのパランティーアに姿を見せたのは、武装したイシルドゥアの世継であり、彼は鍛え直された折れたる剣を示してサウロンに公然と挑戦する。, そしてアイゼンガルドに到着したナズグールが見たものは、敗北したサルマンの姿であった。, 最大の敵の一人が指輪を手に入れたかもしれないこの事態に、サウロンは大いに怒りかつ恐れた。そのため、予定より早くに西方諸国との全面戦争を開始してしまう。, 滅びの山の噴煙を送り出して暗闇を生じさせたサウロンは、黒門、ミナス・モルグル、ドル・グルドゥア、リューンからそれぞれ大軍勢を出撃させ、ゴンドール、ロスロリアン、森の王国、谷間の国と山の下の王国を攻撃する。, 特にゴンドールに対しては、魔王を総大将に立てて、どこよりも熾烈な一撃を見舞うつもりであった。, ところが、暗闇はサウロンが予定したよりも早くに西風によって吹き払われてしまい、ロヴァニオンへの第一撃はいずれも目的を達しなかった。さらにペレンノール野の合戦において魔王は滅ぼされ、モルドールとその同盟軍は敗北してしまった。, 事態がことごとく自らの不利に働き出したことから、サウロンはイシルドゥアの世継あるいは彼に近しい者が一つの指輪を手にしたのではないかとの疑念を強くする。, 同じ頃、モルドールの国境にホビットの間者が侵入したとの報告が上がり、その者の装身具(ミスリルの胴着など)が押収された。だがイシルドゥアの世継が黒門に向かって公然と進軍してくるに及んだため、サウロンは熟考の末にこれを撃滅するのに全力を挙げることを決意する。, サウロンの望みは、他者が一つの指輪に込められた力を完全に使いこなせるようになるには時間を要するということであり、そのためイシルドゥアの世継が傲慢にもわずかな手勢で拙速な攻撃を仕掛けてきた機会を見逃すわけにはいかなかった。, サウロンは彼らを黒門までおびき寄せて大兵力によって一網打尽にし、指輪を奪い返す心づもりであった。, 黒門の戦いはサウロンの目論見通りに進展するかに見えた。だがその最中に指輪所持者フロド・バギンズの任務は達成され、一つの指輪は滅びの罅裂に投げ込まれた。, 最後の瞬間にサウロンはようやく指輪の本当の所在と、敵達の計画の全貌を悟ったものの時すでに遅く、指輪は無に帰して暗黒の塔は土台から覆って崩壊し、モルドールの軍勢は総崩れとなり、サウロンの霊魂は持てる力の全てを失って吹き払われた。, 以上がサウロンの歴史である。サウロンの歴史は中つ国の歴史と言っていい。当ランキングでも最も長い字数をかけて紹介したが、それだけ語るべきことの多い悪役と言えよう。, この記事のメインテーマである強さという点では全盛期の強さで比較するというルールなので、第三紀の実態のないサウロンは論外。, しかし第二紀に一つの指輪を完成させて力を増幅した指輪王サウロン時代は自身のマイアとしての力に指輪の力も加わることで、エオンウェ以上の強さを得ただろうと思われる。, よってランキングとしては指輪王時代サウロンの強さを基準とし、エオンウェより上の順位に置いた。, ロード・オブ・ザ・リング プレイルーム エンターテインメント Playroom Entertainment【The Hobbit The Defeat of Smaug Board Game】, 闇の森にある森エルフの王国の王でありレゴラスの父。映画ホビットでは長刀の二刀流で活躍。オークを次々となぎ倒した。またドワーフとの会話で竜と戦ったことがあると発言している。, マンウェの伝令使であるマイア。ヴァリノールのマイアールの中で最も力あるものであり、彼に武力において勝る者はアルダの中にはいないと言われている。アマンに到達したエアレンディルを出迎えた人物であり、怒りの戦いではモルゴスに対する挑戦のトランペットを吹き鳴らし、ヴァリノールの軍勢を指揮してアングバンドを打ち破った。まさにエルヴァタールの子たちにとって救世主的な存在であった。, フェアノールの次男。優れた歌い手にして詩人であり、哀歌「ノルドランテ」の作者。声の美しさや音楽に関してノルドールはシンダールに劣っていたが彼は例外であり、ドリアスの伶人ダイロンに次ぐ歌い手であった。中つ国で彼はマグロールの山間と呼ばれるようになる、ゲリオン川の北方の二つの上流に挟まれた地域を守備した。, ベレンとルーシエンの息子。ドワーフによってシンゴルが殺され、シルマリルが填め込まれたナウグラミーアが奪われると、ディオルは父ベレンと共にオッシリアンドの緑のエルフたちを率いて、ノグロドに引き揚げようとする途中のドワーフの軍勢を急襲し、シルマリルとナウグラミーアを奪還した(サルン・アスラドの合戦)。, ヴァンヤールの上級王にして、全てのエルフの上級王。元々はエルフたちをアマンに招くためにそれぞれの部族の代表として選ばれた三人の使節の一人であり、フィンウェ、エルウェと共にオロメに連れられてアマンに至り、その地の素晴らしさと二つの木の光を目撃する。クイヴィエーネンに戻った彼らは、ヴァラールの招致に応じて西方への移住を行うよう仲間達を説得し、イングウェは大いなる旅で第一陣のヴァンヤール族を率いた。, 4679ヴァラール年 フェアノールが生まれる。フェアノールはノルドールの上級王フィンウェとミーリエルの長子。フェアノールは、青年期のはじめにネアダネルと結婚し、彼女の父マハタンから鍛冶と石工の技を学んだ。ノルドール族の史上もっとも技芸に優れた者と言われるようになった彼は、後にフェアノール文字を考案し、シルマリルを制作した。パランティーアも彼の作と言われる。, Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます).

.

オーシャン 食事, 上田麗奈 連載, 器用にこなす 英語, 蒼龍 声優, エスポワール&どんぐり 定休日, 上田麗奈 Refrain, ヤフオク が繰り返し停止し てい ます, 伊藤くん A To E 映画 配信, 伊藤くんatoe ドラマ 映画, 中曽根内閣 発足時 官房長官となったのは 後藤田正晴, 小山田耕三 志村けん, YouTube エヴァンゲリオン :破, 栗の花 画像, エヴァンゲリオン 新劇場版 年齢制限, タミフル 幼児 途中でやめる, 梅野泰靖 現在, Twitterアプリ 軽い, 東京喰種 トーキョーグール, インフルエンザ 年度 別 患者数, 佐藤健 ファンクラブ, エヴァンゲリオン 意味がわからない?, スマホ 画面 黒い線 一瞬, エヴァンゲリオン - 使徒 正体, きめつのやいば かなえ, ワンオク Taka 三浦春馬, 鬼滅の刃 コラボカフェ 予約, 鬼滅の刃 第205話, 私より 知っている 英語, エヴァ シンジ 最強, 中村倫也 かっこいい 映画, インフルエンザ 6 月 静岡, エールネタバレ 20 週, フランス 面積, インフルエンザhaワクチン 添付文書, 鬼頭明里 イラストレーター, 恰好の餌食 意味, 英作文 書き方 中学生, こちらは です 英語, Twitter 5ch,